スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

クリムトと名古屋帯

IMG_4702縮小


グスタフ・クリムト

誰もがご存知な、グスタフ・クリムトは1900年前後のオーストリアの天才画家です。
今年2012年、生誕150周年を迎えます。
そんなクリムトの金箔や華やかな色彩を名古屋帯に表現し、大人っぽい世界を描いた新作です。
このデザインは多様な文様をを覆ってゆくことで空間は二元的になります。

クリムトの作品の中に日本の紋様そのものがあるといわれています。
そもそもクリムトが使用した文様は、日本の渦巻文様、流水文様、立涌文様、藤の文様、鱗文様、唐草文様などなど、これらの文様の影響もあり、彼のアトリエには、日本美術の本や、鎧兜も所蔵していたようです。クリムトの絵にある黒い川は、光琳の「紅白梅図屏風」の川に似ています。
やはり日本と言うのは、芸術でも素晴らしい影響力と歴史を持っているんですね。



夏休みのお知らせ
8月10日金曜 ~ 8月19日日曜

この期間はお休みをいただきます。
ご予約等はメールにてご連絡下さいませ。
ご迷惑おかけいたしますが、宜しくお願い致します。

スポンサーサイト

立命館の講義を終えて

平成20年の京友禅加工は618千反、ピーク時の昭和46年は16.524千反。
この落ち込みは普通とは思えない数字です。
現在はすでに生産の継続さえ難しい状態と言われていますが(このままでは、壊滅してしまう)

本当にそうでしょうか?

私はそう思わない!むしろ今がチャンスで新しいマーケットを構築する事が出来る良い機会だと思います。

時代は変わり、人々の考え方やライフスタイルが変わった今、
現状の生産がむしろ普通ではないか。
今こそ先人の培った伝統や技術を生かし、新しい消費者にムーブメントを起こさなければ、本当に壊滅してしまう!

現状の規模からのスタートを考えるべきでは無いでしょうか?

丹後で昭和48年に年間9196千反(20年656千反)もの白生地が織られ、年間16524千反の京友禅加工がなされていました。
この様な良い時代はもう二度と来ないでしょう。

これからの、京友禅は安易に安くしたり、ファッションだけに頼るのでは無く、消費者の方が、何を着物に求めているかを、作り手から販売者までが共通の認識をもって生産しなければ、伝統工芸品で終わる事でしょう。

最後に、これからの着物は場所と人(風土と人の手)、土地文化と手作りであると思っています。
そしてそれをプロデュースする事が、この文化を残す唯一の鍵であると考えます。

京友禅ならではの分業制を生かす為に生産者だけでは無く、もっと皆が物づくりを深く知るべきでは無いでしょうか。

京呉服 不二屋 店主


立命館大学で行われた講義についての問い合わせは

京都学専攻準備室
木立雅朗教授
075-466-3485

立命館で講師

今日は10時30分より4時間にわたり、以前からお願いされていた、立命館の木立先生と生徒さんの前で、京友禅の未来と現状について講義して来ました。

講義時間を過ぎてしまったにもかかわらず、多くの生徒さんに、楽しんで頂いたようです。
生徒さんの中には京友禅についての論文を書く方もいたようなので、参考になればよいのですが…




本当に皆さん長い時間、聞いて頂いて有り難うごさまいました。
又、木立先生!素敵な時間を作って頂きまして有り難うごさまいました。

これからも京友禅の未来に邁進して行きます!

祇園祭

京都に来ています!
祇園祭の準備で道路が通行止めになって、鉾(ほこ)を組み立てています。



鉾って組み立ててから巡行するんですね、知りませんでした。
鉾は釘などは一切使わさずに、組み立てて行くそうです。
17日が巡行ですが前日(宵山)
前々日を(宵々山)
三日前を(宵々々山)と言います。
14日が宵々々山ですが、観光客が集まり露天などが出るそうです。



祇園祭は八坂神社の氏子である町屋衆のお祭り何だそうですが、歴史は非常に古く
869年に京都に疫病が流行した時、これをたたりであるとして病魔退散を祈願するため全国に66本の鉾を作らせて、それを京都の神泉苑に送り、悪疫を封じ込む御霊会を行ったのが始まりとされているそうです。

こだわった裾よけ

今回ご紹介するドレープのようなの裾除けは、お客様からのオーダーです。
「竜巻絞り」といい、名古屋の有松絞りでお願いした贅沢な裾除けです。
なぜドレープ状にこだわったのか、それは着た時の肌触りと、裾さばきがとっても快適なのです。
絞ってつくるくらいですから、手間のかかった裾除けですが、そこまで裾除けにこだわるお客様、すごいです!

IMG_4361縮小
 竜巻絞り  管のように長く、糸で解くのも大変そうに竜巻のごとく巻かれています。

2012-07-03 13.52.55縮小 
解かれたものをのしますが、のし過ぎたら本来の良さがなくなってしまいますので、のし具合が微妙です。

2012-05-29 16.57.01  
裾除けの紐もゴロゴロしないよう、幅ふとめの生地ではさみウエストの補正に

2012-05-30 11.34.42 縮小 空気が入り肌触りほわほわです
プロフィール

京呉服不二屋

Author:京呉服不二屋
『京呉服不二屋』公式サイトへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。