スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

若冲 プライスコレクション

2006年から1年間、東京・名古屋・京都・福岡で開催された展覧会を「最後の里帰り展」としていたプライスコレクションでしたが、プライス夫婦が東日本大震災のニュースを見て、日本の先達たちが残してくれた楽しく美しく、格調高い江戸絵画が一人でも多くの人の心の支えになってくれたらと、宮城・岩手・福島で開催されて来ました。

何年か前にも見ましたが、これが最後になるので先日、福島まで見に行きました。

福島での開催が最後です。
開催期間は9月23日までとなっています。



宮城の来場数は10万人(博物館の歴代2位) 岩手美術館では7万人で1位
すごい人気ですね。




私も若冲テイストは大好きなので、何度か作品にしています。







本物は図録や雑誌と本当に違いますので、残り1ヶ月、是非!福島まで見に行かれては、いかがでしょうか。







伊藤若冲は家業の青物問屋で働いていましたが、40歳から絵を描く道に歩んだのが始まりです。
40歳から10年で「動植綵絵」全30幅をはじめ、大胆な構図の水墨画や版画、各数の作品を残しました。
今見ても、モダンで繊細な構図、同じ日本人として素晴らしい

感動しますよ
スポンサーサイト

夏季お休みのお知らせ

IMG_5877縮小

七月、八月と暑い中、ご来店いただいたお客様には、お礼申し上げます。
夜は虫の声で寝やすい日がありましたが、今日からは寝苦しくなりそうです。

 さて今月は、夏季のお休みをいただきます。
皆様にはご迷惑おかけいたしますが、どうぞよろしくお願い致します。


   8月9日(金) ~ 8月18日(日)

九月中頃には、新作展を予定しております。
新しい不二屋がお目見えします。どうぞお楽しみに!
プロフィール

京呉服不二屋

Author:京呉服不二屋
『京呉服不二屋』公式サイトへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。