スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

秋の夜長

秋の夜長に、楽しめるものをと、お裁縫を少々。
ミシンがないことと、ミシンに興味がないことで、お嫁に持ってきた針で、ひたすらちくちくと縫う趣味です。
不要なタオルで雑巾を縫ったり、あまり生地で袋や風呂敷を作ったりと、ただひたすらちくちく……
針が前へ前へと進む感覚、布の間を行ったり来たりするきしむ音、無の世界へ行ってしまうのが、とても楽しいのです。お金も掛からない、とても良いストレス発散法です。
是非お試しを。

さてここのところ続いていますが、お客さまのコーディネートご紹介です。
驚くのは、兎に角、最近の方は隙のない着付けぶりだということです。
一昔は、着崩れていても、上手でなくても、あまり気にはならなかった時代ですが、
皆さん、自己流ですが、その方にあった着方で、上手く着こなしています。
やはり習うより慣れろなんですね。

オーダーで作られた、秋の草花。彩は静かですが、デザインは華やかです。
電車の中で拝見したら、付いてってしまいそうなほどの友禅です。アイスグレーのお着物で軽やかな装いで素敵です。






不二屋の傑作!でした名古屋帯。細かく描かれたデザインと、深みのあるこげ茶で、より重みをもつ大人を感じる作品です。着方と帯がマッチしていて、更に白い大島が光ります!

スポンサーサイト
プロフィール

京呉服不二屋

Author:京呉服不二屋
『京呉服不二屋』公式サイトへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。