FC2ブログ

和紙のたとう

不二屋オリジナルたとう紙(手すき和紙)を作っていただいている、小川町の和紙が
ユネスコの無形文化遺産登録となりました。

以下町長コメントより
【小川町・東秩父村周辺は古くから和紙の一大産地で、その製品は「小川和紙」として広く知られています。なかでも細川紙は、国内産の楮(こうぞ)のみを使用した流し漉きで製作され、伝統的な製法と風合いを保った丈夫な和紙であり、その技術は国の重要無形文化財に指定されています。今回、その技術がユネスコ無形文化遺産に登録されることになったことは、小川和紙全体にとってもたいへんな誇りとなり、この上ない喜びです。
 現在、生活様式の変化等で、和紙が生活の中から姿を消しつつあります。今回の登録を一つの契機として、より多くの方々に和紙の良さを再認識していただき、需要の拡大を通じて和紙生産の活性化につながればと期待しています】

近年無形文化遺産となったのが和食(日本の伝統的な食文化)ですが、結城紬も2010年に登録されています。
一部、京友禅も登録するという動きがあるようですが、登録された結城紬や小千谷などを見ている限り登録されたことでの影響はあまりないように思います。
それよりも町長のコメントにもあるように生活様式の変化に対し、着物の需要を考えるアイデアやデザインソースをプランニングして行くことが先決ではないでしょうか?
先ずは消費者の方への需要を増やすための努力が必要ですかね。

話は不二屋のオリジナルたとう紙ですが、和紙は通気性がよく湿気に強いという、本来着物に適しているのですが、全国の呉服屋さんのたとう紙は、紙もしくは少し和紙入りのようです。(和紙と言っても中国産が殆どです)
何故和紙を使わないかはコストが高いと言うことが一番の原因のようです。
高級な着物にコストがかかるから紙のたとう?『私には理解できません?』
不二屋では、お客様のために制作に時間がかかりますが、着物の保管に最適な手すきの和紙で御渡ししております。
更に落款も印刷ではなく、ひとつひとつ手で押しています。
デザインと機能を重視した最高のたとう紙だと思います。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

京呉服不二屋

Author:京呉服不二屋
『京呉服不二屋』公式サイトへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク