FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

立命館大学 国際シンポジウム

2014年10月13日におこなった「つたえる力・京都の伝統工芸」シンポジウムでしたが台風直撃により午前中のみ開催となってしまいました。
そしてこの度、シンポジウム第2弾 2015年2月22日(日)「つたえる力2 工芸研究とデジタル・ヒューマニティーズ」を実施いたします。

今回もZONEきものデザイン研究所はご協力させて頂いており、私も参加いたします。


本シンポジウムは、立命館大学アート・リサーチセンターの、文部科学省 私立大学戦略的研究基盤形成支援事業「京都における工芸文化の総合的研究」
(京都工芸P)の5年間の研究成果の発信の一環として開催いたします。


今回はロスのプライス邸でお会いした、ロサンゼルス カウンティーミュージアム コスチューム・テキスタイル部門 シニアキュレータ―」のシャロン・サダコ・タケダ様や彬子女王殿下など、そうそうたるメンバーです。

また、立命館大学 木立研究室では鏡、唐紙、京焼など京都の伝統工芸に関する調査をおこないながら、近代の型友禅図案を収蔵をきっかけにZONEとの京友禅の調査を開始。
様々な角度から見えてきた京友禅の現状などを語ります。

またZONE制作、立命館大学所蔵「プライスコレクション・伊藤若冲」着物も展示いたします。

是非とも多数のご来場お待ち申し上げております。

【日時】2015年2月22日(日)13:00~17:00(12:30開場)
【会場】立命館大学 衣笠キャンパス 末川記念会館 講義室
〒603-8577 京都市北区等持院北町56-1
入場無料・申込不要

キャンパスマップ地図



スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

京呉服不二屋

Author:京呉服不二屋
『京呉服不二屋』公式サイトへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。