FC2ブログ

クリムトと名古屋帯

IMG_4702縮小


グスタフ・クリムト

誰もがご存知な、グスタフ・クリムトは1900年前後のオーストリアの天才画家です。
今年2012年、生誕150周年を迎えます。
そんなクリムトの金箔や華やかな色彩を名古屋帯に表現し、大人っぽい世界を描いた新作です。
このデザインは多様な文様をを覆ってゆくことで空間は二元的になります。

クリムトの作品の中に日本の紋様そのものがあるといわれています。
そもそもクリムトが使用した文様は、日本の渦巻文様、流水文様、立涌文様、藤の文様、鱗文様、唐草文様などなど、これらの文様の影響もあり、彼のアトリエには、日本美術の本や、鎧兜も所蔵していたようです。クリムトの絵にある黒い川は、光琳の「紅白梅図屏風」の川に似ています。
やはり日本と言うのは、芸術でも素晴らしい影響力と歴史を持っているんですね。



夏休みのお知らせ
8月10日金曜 ~ 8月19日日曜

この期間はお休みをいただきます。
ご予約等はメールにてご連絡下さいませ。
ご迷惑おかけいたしますが、宜しくお願い致します。

スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

京呉服不二屋

Author:京呉服不二屋
『京呉服不二屋』公式サイトへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク