FC2ブログ

立命館大学にて

立命館大学で文部科学省私立大学戦略的研究所究基盤形成支援事業「京都における工芸文化の総合的研究」(立命館大学)木立研究室では、研究成果としての連続展覧会「丹波・篠窯あと跡群の最新成果一歩いて調べた須恵器生産一」、「近代友禅デザインの仮想と現実"デザイン原画とデジタルミュージアム"」を開催予定

10月29日(月)から11月26日(月)
9時30分~17時
休館日(土日祝は休館)

立命館大学衣笠キャンパス アート・リサーチセンター閲覧展示室(1階)




講演でお世話になった木立先生。
近代友禅デザインの図案等を収集しデジタル・アーカイブを行ってきた。
その資料価値について企画展などで展示・公開し、図案の価値について訴え続けてきた。

我々京友禅を扱う者は、技術的に物事を見てしまいがちですが、木立先生はこれまでの友禅の歴史に残る物と捉え一万点以上収集してきました。
私も以前何点か拝見させて頂きました。その時は、一部価値が有るのかと考えさせる物も有りましたが、木立先生とお話しする中で、「価値とは何か?」と思い始め、歴史的に捉えると分業で有る京友禅は、技術的な事よりも、人と人のつながりで出来る事が重要と思える様になりました。
縮小し続ける京友禅、時代と共にデザインや技術も変わって行く中で、今回の展示は私にとってとても興味が有り、11月中頃見に行く予定です。
是非ご覧下さい。
スポンサーサイト



コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

京呉服不二屋

Author:京呉服不二屋
『京呉服不二屋』公式サイトへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク