FC2ブログ

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

お誂え

今回は振袖のお誂えです。
レンタルやインクジェット友禅が多い中で、お客様は手描きにこだわり
柄もエレガントモダン感覚でお願いされました。
この様な場合、生地からこだわらないとモダンになりにくいので
全体に細かな銀糸を入れ、裾と袖に縦スジの銀糸地紋を入れた生地を
丹後で製作いたしました。
【勿論生地もオリジナル一点物です】
通常問屋仕入れの規制の振袖ですと、お客様によっては
脇の柄が合わないことが殆どなのですが、今回のデザインはお誂えなので
あえて脇にVの様な柄を入れて、Vの柄の上下を色を変えて染め分けすることで
エレガントモダンになるデザインです。
柄自体はお客様が好きな草花を入れ、白とティファニーブルー単色使いの振袖になります。
出来上がる工程をアップしますのでお楽しみに



全体の下絵

上前と脇

不二屋オリジナルで御来店

良い天気が続き、着物を着てお友達の個展を見に行く途中で寄って頂きました。

着物は不二屋オリジナル無地、帯は不二屋L&G(エル&グロー)の組合せです。

落ちついた着こなしに、L&G帯のドット柄が素敵です。

帯締もドットに合わせて可愛らしいですね。

いつもありがとうございます。


どちらが着物?

投稿が出来なくて申し訳ありません。
そして不二屋ではなく、ZONEのことです。
ZONEは、オリジナルの京友禅着物・袋帯・帯・小物の企画・製作をおこなっております。
ZONEの合言葉は『京友禅を未来に繋ぐ』です。
後継者問題や販売不振などの危機感を持った、職人達が集まったTeamです。
この様な危機感を解決するために、伊藤若冲のコレクター「ジョー・D・プライス氏」に
ロサンゼルスのご自宅まで着物を実際にいていただき高評価を得て、業界初のコレクター認証販売を取得いたしました。
先見の明を持つプライス氏に認められた着物や帯をご覧ください。

*写真に投稿した 「雪中松に兎図」ですが、どちらが原画でどちらが着物でしょうか?

職人がリアルにこだわり、魂いを込めた訪問着です。




どちらが着物?原画?



ZONEホームページのご案内       「本物が消え去る日」 を迎えないために     『京友禅着物』

いよいよ業界初のトレーサビリティが8月10日にZONEホームページに公開いたします。


http://zone-kimono.com/traceability/index.html 是非ご覧ください


http://zone-kimono.com





長い歴史の中で磨かれた「職人技」をこれからの職人たちに受け継いでいかれる安定した業態をつくる。技術の維持とさらなる向上のために、創造の場、機会を生み出し、またそこに魅力を感じて入ってくる後継者を作り出す。

未来へと引き継いでいける京友禅の環境作りをZONEは行っていきます。



  ARシステム


京友禅の問題点の一つに、現在の京都の染色産業では伝統的な技法を用いたことを証明する証紙などが貼られてないことがあげられます。これでは、長い歴史の中で磨かれた伝統技法が、消費者の方々には他産地の製品や機械化された製品と混同されてしまい、将来的に京友禅としての独自性や信用を失うことにつながりかねません。そうならないために、ZONEでは現在製作中の「若冲プライスコレクション着物」全てにジョープライス氏のサインを入れ、本物の京友禅製品であることが証明できるよう、業界初のARシステムを導入しました。



使用方法


『COCOAR2』のアプリをダウンロードしてアプリを起動させます。端末の画面がカメラになり、プライスサインにかざすと、製品の品質動画が流れます。動画の途中でもZONE ホームページの Traceability(トレーサビリティ)に飛ぶことができます。画面では、京友禅の製作過程が見られます。複雑な工程に見えますが、分業制は素晴らしい技術の掛け算であり、世界でも類のない製作方法です。


ARの導入で、これを本物の京友禅である証しとし、お客様に信頼と安心をお届けします。


ぜひ、業界初!顔の見える京友禅のトレーサビリティページをご覧ください。


これからもZONEは京友禅を守り未来に繋ぐ努力を続けていきます。


*下記サインでも『COCOAR2』アプリで動画がご覧いただけます (プライスさんのコメントがあります)




若冲「紫陽花双鶏図」のイメージ訪問着














昨日スタジオで撮影しました「紫陽花双鶏図」訪問着!

製作期間半年以上かけた、職人1人ひとりの命の結晶とでもいうように意地と技を存分に発揮しています。


近日公開予定

着物でご来店

先日、単衣でご来店頂きました。
その日は蒸し暑く、ジメジメしていましたが、涼しげで上品に着こなしておられました。





お客様は着付けの先生もされていて、今回は銀座結びをアレンジして結んだそうです。
とても素敵です!
プロフィール

京呉服不二屋

Author:京呉服不二屋
『京呉服不二屋』公式サイトへ

最新記事
最新コメント
月別アーカイブ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。